So-net無料ブログ作成

珈琲の風~13~ [美術館の外の風景]

お久しぶりです。
ずいぶんあけていてすみませんでした。
パソコンつけることはあったのですが、
HTML編集というところをのぞいてみたり、
カウンターをつけたりと、、。
色々といじっていたのです。
それにしてもHTML編集というのは難しいですね。
少しずつ少しずつ攻略してみようかなあ。。。
なんて思っているところです。
さて、、ここから小説の続きでも。
今までのはなし忘れかけてる・・・。


~前回の後半~

シャンブルは運ばれてきた絵を見た瞬間、
ため息ともいえない不思議な息をつく。
落ち着いて、それでいて機敏に立ち上がり、
絵をじっと見つめながら歩み寄っていった。
ただ、眺める。ルーバルトの、緊張した静かな
はずの息ですら、響いているように聞こえた。


思い出したところで13話です。↓
________________________________________

しばらく見つめたのち、シャンブルは
ゆっくりと振り返った。ルーバルトの緊張した眼を
とらえると、口を開く。
「色を、とり戻しにいこう。どのくらいの
時間が必要かはわからない。
でもこの絵には、かかるだけの時間を
かける価値が、あると思う。」
ひと息にそれだけのことを言いきると、
ほっと力を抜いた。
「明日の夜、また伺うよ。
出来れば返事をそのときに。」
それだけ言うと、階段をおりていった。
張り詰めた空気に扉がしまる音が
静かに響いた。




nice!(7)  コメント(7) 

珈琲の風~12~ [美術館の外の風景]

ほこりを被った布をとり、シャンブルの待つ
ギャラリーへと絵を運ぶ。
実際の重さよりもはるかに重く
感じられるそれは、コーヒーの香りのなかに、
オイルの匂いを溶け込ませていた。
シャンブルは運ばれてきた絵を見た瞬間、
ため息ともいえない不思議な息をつく。
落ち着いて、それでいて機敏に立ち上がり、
絵をじっと見つめながら歩み寄っていった。
ただ、眺める。ルーバルトの、緊張した静かな
はずの息ですら、響いているように聞こえた。



nice!(9)  コメント(7) 

桜も終わり・・・。 [パレット]

こんばんは。
そろそろ桜も散り始めてしまいましたね。
学校のさくらも、アスファルトに花びらの
じゅうたんをつくっていました。
・・・もしかして本物の空飛ぶじゅうたん!?

先日、見納めに桜を見てまいりました。
みるく以外の家族と一緒です。

夕方、そよ風に吹かれながら湖畔をお散歩。
結構、、気持ちよかったですよ。

DSCF3506.JPG

こんな感じ↑

この公園、ざっと見たところ
桜の樹と柳の樹が多いみたいです。

柳の樹って、1つ1つの葉っぱが小さいですよね?
サラサラしてる感じが好きなんです☆
今度写生してみるのも楽しいんじゃないかなぁ~
なんて考えたり・・・。

そうそう、こんな景色も見つけました。

DSCF3500.JPG

小さくいけど分かるでしょうか?
桜の向こうに広がる空に
浮かぶのは、お月様[やや欠け月] キレイでした!

桜の季節の締めくくりとしまして、Upしてみました。
楽しんで頂けましたでしょうか?
                     では、これにて!



nice!(7)  コメント(9) 

珈琲の風~11~ [美術館の外の風景]

説明を終えると、
「絵が見たい。」
そうシャンブルーは言った。
ルーバルトはもうためらうことも無く、
隣の、倉庫としてつかっている部屋へ
絵を取りにいく。すみのほうで
布とほこりをかぶった暗い絵は、
最後に見たときのままだった。
シャンブルーと話したことによって、
この絵にほんの少しの変化でも起こっていて
ほしいと思っていた心のどこかが、
ちいさく肩をおとした気がした。




nice!(7)  コメント(6) 

作品です。 [落書き帳]

こんにちは。
すみません、ご無沙汰でした。。。

今日は小説ではないのです。
というのも、、
ただいまプロメテウス様のお城で、
ウェブ写生大会なるものが
開かれてるんです!

わーい!参加したい!
でもパソで絵を描くのは苦手。
加工できるような写真も無い。
紙に描いてスキャンするのは
めんどくさい。。。

ということで、、写生じゃないけど
載せてみます。「イメージ」を。


桜雪.JPG

「桜雪」 冬から春に移り変わる季節のイメージ。

恥ずかしいですが、挑戦でした。

プロメテウスさん、ドウでしょう?
こんなものですが、参加したことには
しておいてくださいねww

 では、、今日はこれで。

nice!(10)  コメント(12) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。